2010年10月18日コミュニティーミーティング - Part1

Posted by カカシ On 2010年10月21日 (0 コメント)

こんばんは、カカシです。
Ozimalsコミュニティーミーティングからの最新情報をお届けします。

公式フォーラムに掲載されたログから重要と思われるポイントを要約してますが、
誤訳・誤解などもあると思いますので、皆さんもミーティングログをご確認ください。
(今回は箇条書きを補足して、文章化しました。あらかじめご了承ください)

October 18th Ozimals Community Meeting
http://forums.ozimals.com/showthread.php?tid=10790

今回話し合われたテーマは、大別すると以下の通りでした。

今回のテーマ
  1. Ozimals Oracle -- ヘルプ全般
  2. 皆様からのご要望と私たちの取り組み
  3. SocialBun -- 3つの特徴のプレビュー(以下、Part2
  4. ハロウィン -- Eliteバニー、フォトコンテスト、ホリデー記念の餌
  5. 新規ユーザーについて
  6. Q&A



1.Ozimals Oracle -- ヘルプ全般

以前のミーティングで、サポートチケットシステムの利用方法をご説明しましたが、
今回はヘルプ全般についてご紹介します。

Customer Service Representative (CSR) のオンライン状況
http://slurl.com/secondlife/Ozimals/153/168/34

上記SLurlにご訪問いただければ、現在SLにログインしているCSRをご確認できます。
ログインしているCSRは、グリーンで表示されます。

※ご注意※
ご質問がありましたらCSRまでお問い合わせいただくか、チケットをご利用ください。
CandyやMalkに直接IMされても、諸事情により即答できない場合があります。
Aeronも管理部門を専門とするAltアバターですので、ご遠慮ください。

ナレッジベース
http://support.ozimals.com/index.php?_m=knowledgebase&_a=view

トラブルシューティング
http://support.ozimals.com/index.php?_m=troubleshooter&_a=view

サポートチケットの発行
http://support.ozimals.com/index.php

サポートチケットを発行するには、フォーラムの会員登録をする必要があります。
登録手続については、こちらの記事をご参照ください。

公式フォーラム
http://forums.ozimals.com/

Ozimals Questions and Answers(インワールドグループ)
http://world.secondlife.com/group/72f707a5-c0d0-e652-5942-fec83ce65202

Ozimals Orations and Updates(インワールドグループ)
http://world.secondlife.com/group/5349b4c8-06fe-1b4c-aca7-45cb68d2c9a5

Ozimals Orientation(オリエンテーションSIM)
http://slurl.com/secondlife/Ozimals%20Orientation/134/117/1510



2.皆様からのご要望と私たちの取り組み

ベータテストの開始

今週より、次のオープンベータテストを開始します。
  1. Combo Food
  2. Bunnybury Vendor

テスターに選ばれた皆様には、ご連絡を差し上げています。
テスト前にオリエンテーションに参加していただきますので、よろしくお願いします。


ベータテスターの参加登録
ベータテスターは、ベータテストの参加登録者から抽選で選ばれます。
参加登録は、下記のアドレスから行ってください(英語対応のみ)。
http://support.ozimals.com/beta_signup.php


Ozimalsへのご要望

(Q1)問題解決を一回で済まして欲しい(アップデート回数を減らして欲しい)
  • 開発スタッフを増員する
  • テストとバグ調査の工程を見直す
  • 小さな変化も「安全(safe)」ではないとの認識を徹底する

(Q2)約束したことを守って欲しい(「もうすぐ(soon)」と言わないで)
  • パブリックベータテストの準備ができたときに期日を公開する
  • 今後、「もうすぐ準備ができる(it'll be ready soon)」という発言は控える
  • 事実に即した計画(Fact-based projections)だけを公表する

(Q3)コミュニケーションをより良く
  • コミュニティーミーティングの開催
  • ユーザーの声を聴いて決定する
  • 製品の技術的な警告を行う
  • Customer Service Representatives(CSR)の充実


製品へのご要望

(Q1)アップデートの向上
  • アップデートをより信頼できるものにする
  • アップデート回数を減らす

(Q2)ホバーテキストの簡素化
  • ホバーテキストの表示項目を絞ったほうが良いか?(アンケートを取りました)
  • 絞るとしたら、必須の表示項目は何だと思うか?(アンケートを取りました)

(Q3)餌関係について
  • (Q2)と関連して、ステータスに応じてホバーテキストを変色するようにして欲しい(例えば、Hungerが危険水域にあるときは、赤くなるなど)
  • ブリーダー向けに、よりビッグサイズのパックを販売して欲しい

(Q4)Sparrow Eyeについて
  • Sparrow Eyeを持ったバニーは、14日間限定で販売されるLuv Packの血統から産まれる可能性があり、それは通常の形質と同じように繁殖によって引き継がせることができる


セカンダリーマーケット(Secondary Market)の問題

「Ozimalsがすべきことは?」

(ご意見)
  • レアな形質をよりレアにする
  • レアな形質をより手に入れやすくする
  • 餌の価格を下げる
  • サプライズのある形質を投入する
  • 特定の形質(specific traits)の入手方法を公開する
  • マーケティングに力を入れる
  • 「マーケットを整備する(Fix the Market)」


幾つかのご意見に対して、Ozimalsの見解をご説明します。

形質の流通をコントロールできるか?
マーケットで使われるレア(rare)という言葉は、Ozimalsが定義するものとは異なり、価値のあるもの(desirable)を意味します。そして、価値のある形質を得るために繁殖が繰り返されて、その形質がマーケットにあふれるとレアの価値を失うことになります。Ozimalsは、スターターの販売を通じて、多少の影響力を行使できるかもしれません。しかし、マーケットにおける形質の流通を決定づけるのは、皆さんの繁殖に対する姿勢だと考えます。

餌の値下げ
「バニーすべてに餌を与えつづける余裕はない」という理由で、餌の値下げをご希望される方がいます。ですが、皆さんはバニーを何羽飼うかを選択することができます。また、餌の価格を下げてより多くのバニーを飼えるようになれば、より多くのバニーを飼いたくなり、さらに餌の値下げが必要にならないでしょうか? つまり、餌の値下げはバニーの増加を招き、本来の目的とは逆の結果になるように思います。

マーケティング
ご存知だと思いますが、先日、Linden Labによるプロモーションメールをプレミアム会員向けにお届けしました(事情により、詳しい説明はできません)。また、雑誌広告を検討しています。

マーケットの整備
マーケットは、買い手と売り手が生み出すもので、(RLと同様に)バブルが生じることもあります。「マーケットを整備する」とは、どういう意味なのでしょう?(Ozimalsに何を期待されるのでしょう?)



続きは、Part2となります。
今回の部分でご質問などがありましたら、この記事のコメントにてお寄せください。
改めてログを確認のうえ、できる限りお答えします。

[最終更新]2010年12月24日

コメントを投稿

【コメント投稿規程】(2010年10月27日改定)
・コメントは承認制です。管理人の判断で公開しない場合があります。
・Ozimalsと無関係な話題はご遠慮ください。
・公式フォーラムに準じて、SLアバター名でコメントしてください。
(SLアバター名を用いられていない場合は、公開しません)